▲ページの先頭へ


寶船は基本的に受注生産です。

寶船の製品づくりはお客様に最良の製品をお届けするために

寶船が定めたいくつかの厳密な法則によって成り立っています。

  • 寶船の法則1…生地

法則1 生地

【帆布へのこだわり】

寶船で使用する竹刀袋には主に帆布8号が使われています。大量生産の安価な海外品は一切使用せず、国内で織られた綿100%の帆布生地にこだわっています。帆布とは木綿や麻を平織りにした厚地の布で、江戸時代には船の帆に使われていたことからその名がついたように、強度・耐久性・通気性などに優れ、竹刀袋には最適な生地。天然素材である綿の品質から織りの生産技術まで、確かで信頼のおける国内生産者との直接取引により仕入れています。

帆布へのこだわり

【染めへのこだわり】
最初の段階では生地はすべて生成り。そこから、当社完全オリジナルのデザインと色に染めていくのも寶船のこだわりです。繊細で色合いの妙を表現する日本の伝統色を生地に染め上げるには、精通した職人の経験と技が必要です。寶船では、染めの歴史と技を受け継いできた京都の染色者と共に独自の色を追求。伝統の中にも新しい感性を感じる色をたいせつに染め上げています。

また、試合会場でのお客様との触れ合いの中から新しいニーズを模索して商品の改良、開発に生かしています。

 

染めへのこだわり

 

【寶船の商品開発】
寶船ではお客様のニーズにお答えできるよう、様々な生地や柄をご用意しておりますが、より新しい商品づくりを目指して、取捨選択を繰り返しながら、一つ一つの商品の完成度の向上を心がけています。

 

ショールーム

ショールーム

このページをスマートフォン用に切り替え


寶船の商品はカタログをお取り寄せの上、ご注文ください。 お申込はこちらから

jseria