▲ページの先頭へ

お客様へのお願い

❶シシュウのやり直しはできません!

最近、シシュウ部分の修正のご依頼がありますが、解いて入れ直すことや追加のシシュウはできません。十分ご確認の上、ご発注いただきますようお願い致します。特に団体名・個人名などは間違いの無いようご注意下さい。


❷皮革製品(竹刀袋・剣道具入れ)のお手入れと注意点!

●お手入れ

皮革製品は皮の表面(銀面)の薄い部分が命です。この部分を長持ちさせるには、最低でも年に2回〜3回位はミンクオイルなどで手入れをしてください。黒色ならば靴墨でもOK。お手入れ次第で俗に言う「一生物になる」可能性があります。何もしないで銀面をはいでしまってから大騒ぎしても手遅れです。


●竹刀袋の竹刀の出し入れ口の上下部分を補強のため手縫いしています。

この糸が外れたり、切れてしまった場合はすみやかに寶船に手直しを申し出てください。そのままにして使い続けると皮本体を切ってしまい一大事となります。


●剣道具入れは特に片手持ちは厳禁です。

無理に引っ張って本体面を切ってしまうと終わりです。もう手の施しようがありません。又、ミンクオイルなどでのお手入れは絶対必要です。
※ミンクオイルは靴屋さんで販売しています。(700円位)

《注意》

剣道具入れの片手持ちは絶対にお止め下さい。また、濡れた道衣などを長時間入れたままにしておくと、底板を傷めます。